テーマ:法改正

労働契約法成立!!

改正最低賃金法と労働契約法が、本日成立。 今月8日、衆議院本会議で可決され、参議院に送られていた「最賃法改正」と「労働契約法」が28日、参議院本会議で賛成多数で可決・成立しました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい助成金のご紹介!!

 「中小企業労働時間適正化促進助成金」 長時間労働をおさえるための、新しい助成金です。 支給対象は、特別条項付き時間外協定(※1)を締結している、中小事業主さんです。 「働き方改革プラン」を作成し、都道府県労働局長より認定を受けたら、36協定(時間外・休日労働に関する協定)、就業規則…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改正雇用対策法が成立!!

 改正雇用対策法が成立     改正雇用対策法が、6月1日、参院本会議で可決・成立しました!! 今まで、事業主の努力義務となっていた「募集・採用時の年齢制限禁止」を義務化し、また、外国人の雇入れ・離職時にあたっては、氏名・在留資格等を厚生労働大臣(公共職業安定所長)に届出る、「外国人雇用状況報告届…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雇用保険料率改定 !!

平成19年4月改正シリーズ① 雇用保険料率 改定  平成19年4月より、雇用保険料率が改定される予定です。 (  )内は、改定前の率 ・・・一般の事業の場合・・・ 事業主負担率   9/1000 (11.5/1000) 、 被保険者負担率  6/10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般拠出金の負担

 一般拠出金って  「石綿による健康被害の救済に関する法律」によって、石綿(アスベスト)健康被害者の救済費用に充てるため、労災保険適用事業主が対象となって負担するものです。 平成19年4月1日から始まるものなんですが、あまり広報もされていないような気もします・・・{%komar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改正男女雇用機会均等法って・・・

 男女雇用機会均等法が改正・・・・  平成19年4月1日より、改正男女雇用機会均等法がスタートします。 改正ポイント ①性別による差別禁止の範囲拡大 例えば・・・ ・男性に対する差別も禁止(男性も均等法に基づく調停・紛争解決援助が利用可能に) ・募集・採用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継続雇用定着促進助成金制度の改正??

継続雇用定着促進助成金制度・・・・ 継続雇用定着促進助成金とは、継続雇用の推進及び定着を図ることを目的し、平成9年度より、61歳以上の年齢までの定年引上げ等を行う事業主に対して支給する助成金制度です。 継続雇用定着促進助成金は、次の2つの制度から構成されています。 ① 継続雇用制度奨励金(第1種)・・・継続雇用制度の導入及…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「労働安全衛生法等の一部を改正する法律」の等とは??

「労働安全衛生法等の一部を改正する法律」の等とは?? 昨年の11月2日に官報で公布され、「労働安全衛生法等の一部を改正する法律」が成立し、一部を除き平成18年4月1日から施行されますが、その等にあたる法律の改正についてです。 等にあたる法律の主な改正は・・・ ① 労働者災害補償保険法・・・通勤災害保護制度の対象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労災保険未加入事業所に費用徴収制度 強化 !!

Q、労災保険に未加入の事業所に対して、費用徴収を強化すると聞きましたがどういうことなのでしょうか? A、労働者を1人でも雇っている事業所は、労災保険の加入手続きを行わなければなりません。その上で保険料を納付することが義務付けられているのです。  ところが、労災保険の適用事業所であるにもかかわらず、加入手続きを怠っている事業所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高年齢者雇用安定法改正のポイント

今日は、来年4月1日から施行される高年齢者雇用安定法改正に伴う、「高年齢者雇用確保措置の実施義務化」についてです。 この法改正は、簡単に言ってしまえば『年金支給開始年齢を引上げるので、事業主さんはそれに合わせて定年を引上げてください。』という主旨のものです。 そこで、平成18年4月1日からは事業主の皆さんは、以下のいずれかの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more