継続雇用定着促進助成金制度の改正??

継続雇用定着促進助成金制度・・・・

継続雇用定着促進助成金とは、継続雇用の推進及び定着を図ることを目的し、平成9年度より、61歳以上の年齢までの定年引上げ等を行う事業主に対して支給する助成金制度です。

継続雇用定着促進助成金は、次の2つの制度から構成されています。
① 継続雇用制度奨励金(第1種)・・・継続雇用制度の導入及び定着
② 多数継続雇用助成金(第2種)・・・高年齢者の多数雇用


継続雇用定着促進助成金制度の見直し予定・・・・

改正された「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」が、いよいよ平成18年4月1日より施行されることに伴って、継続雇用定着促進助成金制度の見直しが下記のように予定されています。

① 継続雇用制度奨励金(第1種)
支給対象者・・・平成18年4月1日以降、直ちに65歳以上の年齢までの高年齢者雇用確保措置(※)を導入した事業主。

※高年齢者雇用確保措置・・・労働協約又は就業規則によって65歳以上の定年延長、希望者全員を65歳以上の年齢まで雇用する継続雇用制度の導入、又は定年廃止を行う措置のこと。

支給額・・・・・・・導入した雇用確保措置の内容により、企業規模、義務化年齢を超えて65歳まで引上げた年数に応じて、15万円~300万円が1回限り支給されます。


② 多数継続雇用助成金(第2種)

第1種を受給した事業主に対して、雇用確保措置義務化年齢(平成18年度は62歳)以上65歳未満の一般被保険者が全体の15%を超える人数について、1人当たり月額1.5万円(中小企業は2万円、短時間労働被保険者はそれぞれの2分の1)の額を、3年(19~21年度雇用確保措置導入は2年、22~24年度雇用確保措置導入は1年)を限度として年1回支給(一社上限延べ人数300人)するように改正される予定になっています。


セカンドキャリア助成金創設予定・・・・

支給額が大幅に減額されるため(・_・?)かは分かりませんが・・・、セカンドキャリア助成金が創設される予定だそうです。

義務化年齢を超える雇用確保措置を導入した事業主が、その雇用する労働者の多様な働き方の実現のため、労働者の過半数代表から同意を得た計画に基づき、雇用確保措置導入後1年以内に、55歳以上の者を対象として、キャリアカウンセリング、継続雇用に伴う意識改革、起業や社会参加等に係る研修等を実施した場合、研修等に要した経費の4分の1(ただし、経費等の上限、対象となる研修の要件あり)が最初の1年間に限り支給する制度を創設する予定です。


詳しくは・・・・

社団法人 東京都高年齢者雇用開発協会


今日の気になるもの・・・・

今日の気になるものは、「大人の塗り絵」です。昨夜のニュース番組でも取り上げられていましたが、脳の活性化にもなると結構流行っています。
私は、浮世絵版が好きですが・・・。

大人の塗り絵―美しい花編